真の薬膳を学ぶ:正しい知識を正確かつ誠実に伝える/理論と実践を兼ね備えた薬膳

薬膳講師養成講座

講座の概要

中医営養学の基礎をひと通り学び終えている方々を対象に,基礎知識を振り返りながら弁証を中心に,中医営養学を現場で応用するための実践的な知識を学んでいただくための講座です。

半年間で12回(地方開催の場合6回の集中講義)のコース制での講義を行います。今まで系統的に学習してきた各科目(基礎理論→診断学→中薬学→方剤学→内科)の知識を五臓六腑別にまとめ、その臓腑における基本知識を振り返りながら、弁証を中心に、食物を含む薬膳に適用する中薬、方剤を解説します。 また、最終の2回では、ミニ講義のシミュレーションを10分~15分で行う実践的なトレーニングも行います。 薬膳の専門家へのステップアップをめざす方にとっては、基礎を固めながら、各臓腑における弁証施膳の要領を掴み、応用力を身につけるための実践重視の講座です。

本講座を修了された方は、本会認定の「薬膳講師認定証」が公布され、本会認定の「薬膳講師」として、本会認定教室「薬膳入門講座」(本会がカリキュラムと教材を提供します)を開講していただくこともできます。

また、国際資格「国際薬膳講師」の受験資格が得られます。

なお、この講座は薬膳の基礎知識を一通り習得されている方を対象としています。

東京クラス

2019年秋期:  2019年12月から開講します
         講座の詳細はこちら 募集案内ページを見る

※実際の講義の様子を無料でご見学いただけます(第11,12回を除く)。詳しくは事務局にお問い合わせ下さい。

2020年春期:  2020年5月~10月
         2020年2月ごろから募集を開始します。

地域クラス

2019年秋期:  2020年1月から京都市内で開講します
         講座の詳細はこちら 募集案内ページを見る

お気軽にお問い合わせください TEL 042-860-6988 電話受付時間;10:00-16:00
(水・土・日・祝日を除く)

PAGETOP