ホーム  >  世界中聯2015年年会のご案内  | 〔前のページに戻る〕

世界中聯2015年学術年会/学術研究討論会のご案内

世界中医薬学会聯合会(世界中聯)薬膳食療研究専業委員会の第6回学術年会 及び 第11回国際薬膳食療学術研究討論会の参加募集が届きました。
今年は、江蘇省徐州市で、7月31~8月3日に開催されます。

本会は、世界中聯 薬膳食療研究専業委員会の団体会員であり、本会 梁 ペイ代表は委員会の常任理事を務めています。


一昨年2013年の第9回大会には、本会から梁 ペイ代表ら3名が参加し、論文発表も行って、世界中から集った中医営養・薬膳学の専門家の方々と 闊達な情報交換を行いました。
[第9回大会の参加報告(中医営膳会通信(25))は こちら]

会議への参加・論文投稿にご興味がお有りの方は、本会 事務局( chuui.eizenkai@gmail.com )に メールでお問い合わせください。


以下は大会事務局から送られてきた開催要領の抄訳です。

2015年・中国徐州世界中聯薬膳食療研究専業委員会第六回学術年会
及び 第十一回国際薬膳食療学術研究討論会のお知らせ
中医薬膳食療産業の大いなる発展のため、また薬膳食療分野での学術及び科学技術の成果の 国際交流をさらに深め、人々の健康サービスに新機軸を打ち出すために、 世界中聯薬膳食療研究専業委員会は2015年7月31日~8月3日、中国徐州にて “世界中聯薬膳食療研究専業委員会第六回学術年会及び第十一回国際薬膳食療学術研究討論会”を 開催します。
このたびの会議は世界中医薬学会聯合会薬膳食療研究専業委員会が主催、湖南省薬膳食療研究会、 江蘇徐州緑之野生物食品有限会社の協賛、湖南東方食療・保健雑誌社有限会社の協力で行います。
関係事項を下記にお知らせいたします。

一、開催期間:
   2015年7月31日~8月3日の4日間

二、会議日程:
   2015年7月31日 参加者到着(全日)
   8月1日~2日 学術研究討論会
   8月3日午前  現地視察
   8月3日午後  解散

三、会場:
   中国徐州市中匯国際会議センター(徐州中汇国际会议中心)
    所在地:中国江蘇省徐州市解放南路国家大学科技園

    徐州市へのアクセス:
      (1) 鉄道:京滬高速鉄道の徐州東駅まで、上海・北京から、 それぞれ3時間以内
      (2) 航空:徐州観音空港があり、北京・上海ほか中国各地の大都市との路線有り

四、 参加者:
   1、 世界中医薬学会連合会事務局代表
   2、 本専業委員会会員代表、理事、常務理事、副会長等
   3、 世界各国の中医薬学、営養学、調理学、康復医学、老年医学、薬膳食療学、 養生保健学、食品工学、生物医学、動植物学、
      海洋薬物学等の代表者、研究者、教育者、その他薬膳食療事業にかかわる各界人士

五、 費用:
   参会者一人あたり1,200元(会期中の交通、資料、視察、食事の費用を含む)、
   宿泊費は別途各自負担。
      (なお開催期間が徐州の行楽シーズンのため、事前のホテル予約が必要です。
       6月20日までに本会事務局を通してお申込みください。)

六、 議題:
   1、 近年の薬膳食療産業発展の成果をまとめる
   2、 中医薬膳食療学科の設立及び研究の標準化について
   3、 国際薬膳食療の新技術、新成果、新商品の交流について

七、 募集論文:
1、 テーマ:
    ・薬膳食療理論の基礎研究や多学科にわたる研究、中西医結合薬膳理論の検討
    ・薬膳方の臨床への応用研究と経験の紹介、作用機序の研究
    ・21世紀薬膳養生産業発展モデルの研究、近年の国内外薬膳養生研究の進展
    ・薬膳保健食品基準および製品化研究、薬膳新商品、新製品、新技術開発研究
    ・薬膳食療データおよびネットワーク技術研究
    ・「中医薬膳学」指導方法の研究  など
2、募集要項:
論文は中国語で字数1,500~3,000字程度。中英文の要旨を添えてください。
指定書式で作成した原稿を、本会を通して2015年6月10日までに大会事務局に提出する必要があります。
MS-Wordの論文テンプレートを使っていただきます。詳しくは本会事務局にお問い合わせください。
なお提出いただいた原稿は返却できませんので、原稿の控えをとっておいてください。